我 事において 後の祭り

ブログ始めました。昔日の思い出と後悔の日々をダラダラと書き綴っていこうと思います。

【スポンサーリンク】

アヴァンゲールなサザエさん

今月の「芸術新潮」は、長谷川町子サザエさん

この本によると、サザエさんの作品は6,500本以上あるそうだ。

単行本に載っていない作品も多数あるわけで、その中の数本が紹介されている。

 

その中で、気になったのが。

 

祝日に玄関に国旗を掲げようとするサザエさんに、カツオたちがなぜ国旗を出すの?と、聞いてくる。

それに対してサザエさんが、「国旗を掲げないなんて『アプレゲール』ね」と言う。

 

アプレゲール

なんか、聞いたことがあるようなないような、懐かしそうな響き。

調べてみると。

戦後派。特に第二次大戦後、従来の思想・道徳に拘束されずに行動する若い人々。

だそうです。(デジタル大辞泉

 

続けて、サザエさんが「今日は明治節よ」というと、

カツオが「文化の日だよ」「アバンゲールだね」と言い返す。

 

アバンゲール?

これまた、わからん。

戦前派。特に、第二次大戦前の思想・習慣・生活態度などを持ちつづけている人々(デジタル大辞泉)。

うん、勉強になった。

これは、昭和25年に掲載された作品。

 

これ以外にも、単行本未収録の作品が何本か載っているし、原画の写真もある。

戦後の風俗や言葉に興味をそそられたので、そっち方面の本を探してみるかな。

 

エプロンおばさんは、どこか違和感がある。

それは、家の中にテレビがない。こんな時代があったんだな。

いじわるばあさんは、時代を知らないとオチが難しいのがたまにある。

 

広告を非表示にする